薬

危ない認知症!予防すること重要性~日頃の食事や運動で予防することが大事~

認知症に効果がある成分

薬

近年高齢化社会の問題の1つで、介護問題があります。少子化の影響もあって、お年寄り1人あたりを支える人が少なくなってきており、介護福祉士が少ない原因もあります。また、老人ホームやデイサービスなどの介護サービスの数が足りなく、運営資金に困ってる企業もあります。その為、認知症になったりした場合に、老人ホームなどに入れないお年寄りが多いのが現状です。入れないことにより、家で自宅療養することになるので、子どもや近隣の人たちに迷惑をかけてしまいます。しかし、近年では認知症に効果がある食べ物などが、研究でわかってきているので、認知症になるのを予防することができます。

認知症の予防に効果的な成分はEPAという物質です。EPAは青魚などの魚から摂ることができるので、近年では青魚を使った魚料理を食べることが大事になっています。また、魚料理は焼いたり煮たりするのではなく、生の刺し身などで食べたほうが、よりEPAを摂取することが出来ます。しかし、毎日青魚を食べるのは大変ですし、味も飽きてしまって継続出来ないことが多いです。その為、サプリメントなどでEPAを摂取する人が増えてきています。サプリメントであれば、普段の食事の後などに摂取するだけなので簡単です。ちなみに、水で飲むタイプのサプリメントが主流ですが、水なしで飲むことができるサプリメントもあるので、いつでもどこでも摂取することができます。現代の忙しい日本人にとって、サプリメントによるEPAの摂取は、非常に効率がいいです。