薬

危ない認知症!予防すること重要性~日頃の食事や運動で予防することが大事~

脳と腸の関係性

スムージー

乳酸菌は腸内環境を改善する効果がありますが、最近の研究で、認知症の進行を遅らせることができるという効果も発表されています。認知症を予防したり、認知症を改善する方法はあまりないので、乳酸菌を摂取する人たちが増えています。

あまりしられていませんが、脳と腸は深く関係しており、脳の調子が悪い時などに、お腹の調子が悪くなったりするそうです。その為、腸内環境が悪くてお腹を壊していたと思っていたら、実際は脳になにかしらの病気を抱えていた、ということも少なくはありません。また、嫌なことを思い出したり、嫌なことをやろうとしたりした時に、お腹を壊したりするのも、脳が腸と関係していることが原因といわれています。

乳酸菌はヨーグルトなどで摂取することができるので、朝食のデザートや、お昼のおやつとして食べている人が多いです。また、歯がないお年寄りや子どもまで幅広い人たちが食べることが出来るので、人気が非常に高いです。最近では、飲むヨーグルトもありますので、食事以外でも、通勤中や歩いている時でも、片手間で摂取することができます。ちなみに、ヨーグルトの味はほとんどが一緒なので、味に飽きてしまい、摂取することをやめてしまう人も少なくないです。しかし最近では、普通のヨーグルトの味だけではなく、イチゴやブルーベリーなどの味付けをしたヨーグルトもあります。その為、飽きる可能性がないので、継続的に乳酸菌を摂取することができます。