栄養補助食品

危ない認知症!予防すること重要性~日頃の食事や運動で予防することが大事~

認知症に効果がある成分

薬

最近の研究で、EPAは認知症を予防する効果があることがわかりました。その為、EPAを含んだ食べ物やサプリメントを摂取する人が多くなってきています。また、サプリメントは自然界の食べ物より、簡単にEPA摂取することができます。

もっと詳しく

糖尿病と認知症の関係性

シニア

血糖値が高い人や糖尿病の人は、認知症になる可能性が正常の人と比べて、発症する可能性が高いです。ちなみに、ヘモグロビンa1cという数値でも、糖尿病かどうかがわかります。

もっと詳しく

高血圧の人は老後が危険

栄養補助食品

歳を重ねると、物忘れがひどくなったり、新しいことを覚えられなくなってしまいます。また、その症状がひどくなってくると、認知症という病気になってしまうため、注意が必要です。認知症は発症してしまうと、完治させることは非常に難しく、完治できたという例はないです。その為、発症させないことが非常に大事になるので、最近のお年寄りは、認知症の予防をしている人が多いです。

認知症を予防するにはさまざまな方法があり、その中でも認知症の原因の1つである、生活習慣病を予防することが大事です。生活習慣病は糖尿病や高血圧などの病気で、高カロリーな食生活を続けると発症してしまいます。その為、高カロリーの食事中心の食生活を控えて、野菜や魚などの、低カロリーの食事中心の食生活を始める人が増えています。また、生活習慣病は運動不足によっても発症してしますので、毎朝ジョキングや筋トレをしたり、運動する習慣を取り入れることも大事です。ちなみに運動の頻度は、週に3日程度行えばいいので、時間にゆとりがない社会人でもすることができます。定年をむかえる前に、社会人のうちから認知症の予防をすることで、定年後すぐに認知症を発症する確率をさげることができます。運動の他にも、人と話をしたり、日記を書いたり本を読んだりすることでも効果があります。

もし認知症の予防をして認知症になってしまっても、なにもしないで認知症になった人に比べて、症状が軽くなる可能性が高いようです。その為、仮に認知症になってしまっても、予防することは無駄にはなりません。

脳と腸の関係性

スムージー

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、認知症の進行を遅らせる効果があるので、毎日ヨーグルトを摂取するお年寄りが増えています。また、ヨーグルトの種類はたくさんあるので、飽きずに継続的に摂取できるのも特徴です。

もっと詳しく